2019年 春の安全運転講習会

こんにちは、中谷です。
道路が花びらでピンク色に染まり、すっかり葉桜へと移り変わってきましたね…

さて、来月に実施される『春の全国交通安全運動(5月11日~20日)』に伴い、各地で安全運転講習会が開催されています。
今年は統一地方選挙の関係で全国交通安全運動が約1ヵ月遅れとなり、例年3月に行われる安全運転講習会も今月の開催となっています。

当社では労働災害防止活動の一環として、協力会社の皆さまにもお声掛けをさせていただき、今年は30名以上のご参加があり、先週の金曜日に揃って受講してまいりました。 当社の受講歴は今年で18回目となります。

四條畷大東交通安全自動車協会の辻野様のご挨拶で始まり、四條畷警察署 杉本交通課長様より運動重点に関する推進項目などのご説明がございました。

交通事故の約1/3は65歳以上の高齢者となっており、いずれ半分以上が高齢者となる時代に入っていくことを踏まえて、一人ひとりが周りの安全をしっかりと確認して行動し、お年寄りを見守る気持ちで安全運転に心掛けることが大切だとおっしゃっていました。

講演後は、『奪われた夢 ~危険への想像力で事故を防ぐ~』というタイトルのDVD鑑賞で、交通事故によって夢を奪われた家族への取材を通じて、事故の悲惨さと安全運転の重要性を訴える内容でした。

さらに、ドライブレコーダが捉えた事故映像をもとに、事故を防ぐためのポイントも学びました。
事故映像は①バイクとの事故、②自転車との事故、③歩行者との事故、④夜間の事故、⑤⑥ドライバーの急ぎや考え事から起きた事故の6種類。

事故を未然に防ぐためには、危険があるかもしれないという想像力が何よりも重要で、急ぎ、考え事、疲れがあるとミスはおきやすく、安全に運転ができるように自己管理することも大切であり、車は凶器になることを忘れてはならないというメッセージで締めくくられました。

人生が一変する交通事故と常に隣り合わせにあることを肝に銘じてハンドルを握らないとダメですね!
私も通勤や現場美化チェックなど運転する機会が多いため、『危険への想像力』を働かせて、心と体に余裕をもって安全運転に努めたいと思います。

◇◆◇

四條畷警察署では、下記スケジュールにて春の安全運転講習会が実施されていますので、ぜひご参加くださいませ。

★講習時間…午後7時~8時(受付:午後6時30分) ※申込不要

4月12日(金)四條畷市市民総合センター ※終了
4月15日(月)阪奈自動車教習所 ※終了
4月16日(火)大東市立市民会館 ※終了
4月17日(水)グリーンホール田原
4月18日(木)野崎人権文化センター
4月19日(金)四條畷市市民総合センター
4月24日(水)北条人権文化センター
4月26日(金)大東市立市民会館
※2019/4/17現在の状況です

◆大阪府ホームページ 2019年春の全国交通安全運動の実施について

 

関連記事

PAGE TOP