戸建住宅「窓の数」注意!費用と開け閉め問題

「明るくて開放的で風通しの良い家にしたい」と思って
ついつい窓の数が多くなってしまいますね。

窓が多くなれば、耐震性も悪くなるし、
断熱性も悪くなるし、掃除場所も増えるし、
外壁も汚れやすくなるし、戸締りの心配も増えます。

窓のつくり過ぎで後から後悔しないために、
今回は、窓をつくり過ぎた人が
どんな風に暮らしているのかをお伝えしたいと思います。

多くの方が家を建てる前は
賃貸アパートかマンションに
住まれているかと思いますが、
これらの住まいには
窓がそれほどありません。

ベランダに出られる窓が1つか2つと、
玄関脇の共用部分に面した窓が1つの、
計2つか3つではないでしょうか。。。

なので、賃貸住宅では、
窓の管理という感覚がないと思います。

でも、家を建てると窓の数が一気に増えるんです!

賃貸では2方向しか窓がなかったのに対し、
東西南北4方向全てに窓が出来るし、
かつ、それが1・2階両方となるからです。

また、防犯性やデザイン性を考慮してしまい、
小さなデザイン窓をたくさん使うので、
思っていた以上に窓だらけになってしまうことも。。。

気付けば、これまで2、3ヶ所だった窓が
一気に20ヶ所以上になってしまうということも!
(実は30ヶ所ぐらいある家もあります)

そして、最初のうちは風通しを良くするために、
こまめに窓を開けたりするのですが、
これが新たな心配事ができます。

「あれっ?あの窓閉めたかな?」
「あれっ?あの窓鍵かけたかな?」
という心配事が毎日毎日~

そうしている間にいつの間にか窓を開けなくなっていきます。

開けてしまうと、いつも閉めたかどうかが気になるから。

そして、いつしか決まった窓しか開けなくなってしまいます。

開けない窓はカーテンも閉まったままになり、
光すら入ってこなくなっているかもしれません。

✔︎窓の開け閉めが管理ができるように窓を考える

なので、窓は見た目のデザインで
増やすのは注意です。

増えたら増えた分だけ管理が行き届かなくなり、
心配事が増えるからです。

それにそれに
耐震性も悪くなるし、
断熱性も悪くなるし、
家も汚れやすくなるし、
掃除の手間も増えます!

そして、窓が増えれば、
その分、収納も減ってしまいます。

窓が増えると部屋の壁面が減り
家の壁が減れば、取り付けできる
棚の範囲が少なります。

結果的に、思っていたよりもモノが置けず
収納の中にギュウギュウ詰めに
モノを詰め込んでしまうことに

夢のマイホームがモノにあふれ
どこに何があるのか分からなくなってしまいます。

窓のせいで収納までも
管理しにくくなってしまうということになります。

これから家を建てるあなたは、
明るさや開放感にこだわるあまり
窓のつくり過ぎないように注意しつつ
家づくりをしていただければと思います。

窓を厳選してつくれば
その分コストも落ちるわけですしね!

ナカタコーポレーションは、
大阪府四條畷市・大東市・交野市を
営業エリアとして、注文住宅を
手掛けている工務店です。

『カッコよさ』と『住みやすさ』の
共存を可能にしたセンスの
良い個性的な住宅をご提案いたします。

お気軽にご相談ください!

関連記事