注文住宅

【イエノヨミモノ】家事動線を気にしなくていい家とは?

間取りを考える上で、
「家事動線の良さ」はとっても重要なことです。

仕事に家事に、そして育児に忙しい
奥さんの負担を和らげるためには、
絶対に欠かせない要素ですよね。

しかし、この問題は、
ある固定概念に縛られていたままだと、
実はどれだけ考えても、
スッキリ解決出来ないんです・・・

例えば、洗濯機が1階にあるのに
干し場が2階だとしたら
これはスムーズな動線だとは言えません。

たとえキッチンと脱衣室を
隣り合わせにつくったとしても、です。

水気を含んだ重い洗濯物を持って
階段を上るのはしんどいし、
ましてや何回にも分けて
持ち運びしなければいけないとしたら、
それだけで結構な労力ですね。

そこで、この労力を少しでもカットするために
1階のキッチンか脱衣室に勝手口をつくり、
そこから出たところに干し場をつくるというアイデアを
多くの家が採用しているのですが、
これはこれで洗濯物の取り込みが大変だ
という壁にぶち当たります。

勝手口を通じてリビングと外を
何回も行き来しないといけないからです。

その上、勝手口から外に出て干すとなると
お隣さんやご近所さんと
鉢合わせすることが多くなるため、
さすがにパジャマやノーメイクといった
油断した状態では出にくいですしね。

そんなこんなで、
これも完璧な解決策とはならないというわけです。

では、2階に洗濯機を置くという
アイデアはどうでしょうか?
つまり面倒な階段の行き来をなくせる上、
干し場は近いし、片付けるのも近いし、
かつ人目も気になりにくいというアイデアです。

この場合、洗濯機とともに、
お風呂場も2階になると思いますが、
リビングダイニングキッチンと水回りが離れるのが
不便かどうかが争点となります。

あと、衣類をどこに収納するのかも
よく考えないといけませんよね。
いつも使うものやいつも着るものは、
リビングの近くにないと不便だし、
この不便さの積み重ねこそが、
結果的にリビングの散らかりにつながりますからね。

じゃあそれを解決するために、
水回りとともにリビングダイニングキッチンも
2階に上げてみましょう。
かつ、2階に衣類収納もつくってみましょう。

となると、ずいぶんと生活しやすくなりそうですが、
この場合の問題点は歳をとってからですね。
足腰が悪くなってしまったら
階段が苦痛になりますからね。

もちろん、土地面積や立地上
そうせざるを得ない場合は、
そんなことも言っていられないですが、
もし敷地にゆとりがあるとしたら、
これもあまり現実的な解決策じゃなさそうですよね。

参考事例(Instagram)

ある前提をなくしてみるだけ

と、ここまで、
家事動線が良くなりそうな解決策を
いくつか考えてみたんですが、
これらにはある前提条件があることに
お気づきいただけたでしょうか?

そうです!
どれも家が2階建てであることが
前提条件なんですよね。

つまり2階建てである以上、
どんなに工夫してもどこかしら
家事動線に問題が発生するというわけですね。

では平屋だと家事動線の問題は
完璧に解決するのでしょうか?

まず平屋の場合、
洗濯機も干し場も取り込み場所も衣類の収納場所も
全て同じフロアになるので、
その移動はかなり楽になります。

しかし、干し場が勝手口から出た場所だとしたら、
先程と同様に取り込む作業には手間がかかるし、
お隣さんやご近所さんと鉢合わせしてしまいます。

それゆえ、周りのお家との兼ね合いも考えつつ、
どこに干し場をつくるのかをよく考える必要があります。

つまり、お隣さんやご近所さんから
見えない場所に干し場をつくるためには
どうしたらいいかを考えなければいけないというわけですね。

これさえ出来れば、
家事動線なんて気にしながら
家を建てる必要がなくなります。

平屋だとそもそも移動が水平だけだし、
その距離もほんのわずかだからです。
また、すべての部屋と収納が同じフロアにあるので、
それぞれの部屋と収納をフル活用しやすいからです。

ということで、
「家事動線がいい家にしたい」とお考えであれば、
そもそも2階建てありきで
家を考えないようにしてください。

とはいえ平屋の場合は
プライバシーが担保されてないと、
2階建て以上に居心地が悪くなっちゃうかもしれないので、
あくまでその点には要注意ですけどね・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。
マイホーム計画のご参考にしてください。

ナカタコーポレーションは、
大阪府四條畷市・大東市・交野市を
営業エリアとして、注文住宅を
手掛けている工務店です。

『カッコよさ』と『住みやすさ』の
共存を可能にしたセンスの
良い個性的な住宅をご提案いたします。

関連記事