ブロック塀を点検しよう!

先日の大阪地震も含め、過去の震災ではブロック塀が倒壊し、大きな被害や事故が多く発生しています。

ブロック塀が倒壊すると、通行人に危険が及ぶだけでなく、避難や救助・消火活動などの妨げにもなることが予想されるため、ご自宅のブロック塀の安全性を点検して、災害に備えるようにしましょう!


(↑↑クリックでPDFファイルが開きます)

★ブロック塀の点検方法★
①高さ → 高すぎませんか?(2.2m以下)
②壁の厚さ → ブロックの厚さは適切ですか?
③鉄筋 → 鉄筋はきちんと入っていますか?
④控壁 → 控壁はありますか?(塀の長さ3.4m以下ごと)
⑤基礎 → 基礎はありますか?
⑥傾き、ひび割れ → 傾きやひび割れはありませんか?
⑦ぐらつき → ぐらついていませんか?
⑧その他 → 土止め壁を兼ねていませんか?玉石積み擁壁等の上にありませんか?

点検結果はいかがでしたか?
8項目のうち、1つでも不適合があれば、ブロック塀の安全対策が必要と考えられます。
下記の相談窓口、又は当社までご連絡ください。

◎相談窓口: 大阪府住宅まちづくり部 建築指導室 審査指導課 確認・検査グループ
◎受付時間:平日9時~18時
◎電話番号:06-6941-0351(代表電話)(内線番号3026、4323)/06-6210-9724(ダイヤルイン)

関連記事

PAGE TOP