耐震補強工事③

こんにちは、中谷です。
2回に渡りご紹介しました耐震補強工事ですが、先週無事に完了いたしました。

前回の続き、トイレ廻りの壁補強工事の後、内装の仕上げです。

 

腰壁にメラミン不燃化粧板を貼りました。汚れがつきにくく、お手入れはサッとひとふき。
耐水性なので水廻りにおすすめです。※便器・便座は既存の機器を使用しました

次に、シロアリを予防する防蟻処理工事を行いました。
防蟻剤の中では安全性の高い薬剤を使用し、シロアリ被害から建物を守ります。

最後は、屋根の葺き替え工事です。
瓦を撤去し、下地、ルーフィング(防水シート)を施工後、カラーベストに葺き替えました。

瓦屋根は耐久性もあり、地震に弱い訳ではないですが、やはり屋根に重量があると、重心の位置が高くなり、建物が老朽化している場合には、大きく揺れて倒壊の可能性が高くなるため、耐震補強では屋根の軽量化をお勧めしています。

以上で、今回の耐震補強工事は完了いたしました。

◇◆◇◆◇

大地震はいつ起こるか分かりません。

耐震診断・補強工事に少しでも興味がございましたら、『木造住宅耐震化フォーラム』にぜひご参加ください。
今回は、6月17日(日)四條畷市 市民総合センターにおいて開催されます。

当社でもお申込みが可能ですので、皆さまのお問い合わせをお待ちしております。

関連記事

PAGE TOP