【イエノヨミモノ】-リアルな近未来について-

ベストセラー「ライフシフト」の中で、
2007年生まれの日本人の
約半数は107歳まで生きる、と、
アメリカの人口学者が予測している。

これは、先日読んだ本の中で書かれていた内容ですが、人生100年時代がリアルに到来すると言われている今後、私たちはそれを見据えた計画を立てていかないといけません。つまり、フルで働くことが出来る年齢の限界が70歳だとしたら、その後の30年間に備えておくことが大切だということですね。

なんせそこからは、年金と貯蓄だけで生活していかないといけないし、医療費の負担も上がっていくし、家を所有していれば、その維持管理もしていかないといけませんからね。

 

 

おはようございます。
営業の岩井です。

さて、今回は、わざわざ話題を振ったにも関わらず、この老後問題はさておき、老後問題よりも先に訪れるもっとリアルな話をしていきたいと思います。

 

✔︎深刻な進学資金問題

私たちの時に比べて子供の人数が少ない現在は必然的に大学への進学率が上がっているわけですが、仮に、お子様が選択する大学が県外の理系私立大学だとしたら、一体どれくらいコストがかかるのか想像できますでしょうか。

まず、理系私立大学の場合、学費が毎月10万円かかります。
そして、県外に行くとしたらアパートの家賃を支払い、かつ生活費の仕送りをしてやらないといけません。

つまり、家賃と仕送りに10万円かかるとしたら、お子様に毎月かかるコストは20万円にもなるわけですが、さて、どのように準備しましょうか。

 

✔︎貯蓄?奨学金?教育ローン?

たとえ共働きだったとしても、収入だけでこれだけの費用を払っていくのは正直不可能です。
それゆえ計画的に貯蓄していくか?
学費に関しては奨学金に頼るか?
あるいは教育ローンに頼るか? の選択になります。

ただ、奨学金だとお子様に負担を背負わせてしまうだけだし、ローンを組めば余分な金利を払うことになります。

そんなわけで、一番いいのはお金を貯めていくことなのですが、では、現在のお子様の年齢を4歳として、どれくらい貯蓄していけばいいか簡単に試算してみましょう。

仮に、大学卒業が22歳としたら、貯蓄していくことが出来る期間は、22ー4で18年間ということになりますよ。

なので、単純に1000万円を卒業までの期間216ヶ月(18年×12ヶ月)で均等割して計算してみます。
1000万円÷216ヶ月=46,296円

なかなかな金額です。
1人でこれですから、お子様が2人いるとしたらこの2倍。
奥様の給料はお子様の進学費用に消えていくと言っても過言ではない、という感じです。

 

✔︎可能な限りローン返済はご主人の範囲にとどめること!

では、ここから結論を述べていきたいと思います。

個人的には、奥様の給料は、お子様の進学費用やご夫婦の老後資金のために積立していくべきだと思っているので、家を建てる時は、奥様 の収入は一切アテにせずご主人の収入だけで支払っていける範囲で、予算を考えるべきだと思っています。そうなれば、家にかけられる予算は、ご予定よりはるかに少なくなってしまうかもしれません。
でも、それが現実の予算だと思っています。

そこで見栄を張ってしまうとか、先は先で何とかなるだろうと楽観的に予算を組んでしまうと、間違いなく、やがてそのしわ寄せがご家族皆様の未来に降りかかってくることになります。もちろん、ご夫婦の収入が今後も上がり続けていくことが保証されて、いつまでも会社が存在し、いつまでも健康で働けるのならこの限りではありませんが、そんなことは誰にも分からないですし、そんな可能性に賭けることこそまさに博打ではないでしょうか。

そんなわけなので、家づくりをする時にはご主人の手取りの30%前後を目安としてローン金額を計算してもらえたらと思います。
そして、その予算の中で家づくりをしてもらえたらと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

PAGE TOP