かんでん見守り隊OTTADE! 継続設置

四條畷市では、通学路における安全性向上を目指して、市内の全小学生を対象に新しい見守りサービス「かんでん見守り隊OTTADE!」の社会実験を今年5月から実施し、その検知端末の設置に協力いたしました。※当時のブログ

当初、5月から9月末までの予定でしたが、社会実験のアンケート調査結果等をもとに検証作業を進めるため、最終的に12月末まで延長されることとなり、今後の対応については12月中にご案内いたしますと報告がございました。

そして先日、関西電力の方が「登下校見守りサービスの社会実験終了に伴うお礼と継続協力のお願い」に来られました。

関西電力の報告によりますと、市内全域で140個以上の検知端末を設置し、全市立小学生の約40%に相当する約1,200名の小学生の保護者の皆さまに、安心で便利なサービスを提供することができました。また、アンケート調査結果は、回答者の9割以上が「子どもの見守りに役立つ」との回答だったそうです。

社会実験終了後も市と連携を図りながら、本サービスを通じて、子どもたちに安全・安心をお届けしたいとのことで継続協力のお願いがあり、当社といたしましても『もちろん検知端末の設置を継続させていただきます』とお伝えしました。

四條畷市が安心して子育てできる街として、子どもの見守りプラットフォームの構築に、今後とも出来る限りの協力をさせていただきたいと思います。

■関西電力「かんでん見守り隊OTTADE!」ホームページ

関連記事

PAGE TOP