【イエノヨミモノ】スペックとコストを左右するもの

【イエノヨミモノ】

スペックとコストを左右するもの

おはようございます。

営業の岩井です。

 

家づくりでは、日当たりの良い方向には大きな窓をつくることがごく当たり前となっています。

しかし、そうすれば、その窓から光も入ってきますが同時に視線も入ってくることになります。

 

結果、視線を遮断するためにカーテンをしなければいけなくなるのですが、目隠しのためにカーテンをするということはイコール日中の光をずっと遮断してしまうということでもあります。

昼間ずっとカーテンが開けられませんからね。

そして、朝からずっと照明が必要になります。

 

また、カーテンにもそれなりのコストがかかってくるため、家づくりのコストも増えることになるし、この窓には、直風がもろに当たることから、同時にシャッターも必要となり、さらにコストが嵩むことになります。

さらに、室内を見えにくくするために、防犯対策も兼ねて外構工事をせざるを得なくなりますが、そうなれば、もちろん外構工事のコストは割高になってしまいます。

つまり、カーテンありきで間取りをつくってしてしまうと付随する出費が色々と出てくることになる、というわけなんですよね。

それゆえ、家のコストを合理的にかつ総合的に落とすためには、「窓のつくり方」がカギを握っているというわけですね。

 

窓を少なくした方がいい理由

そして、コスト面以外にも窓は少ない方がいい理由があります。

まず、窓が少なくなれば必然的に耐震性が高くなります。

窓がない分、壁の量が増えるからです。

 

そして、それと同時に断熱性能も高くなります。

単純に、断熱材が入った壁の方が窓よりも断熱性能が高いからです。

また、窓が少なくなれば外壁にできる汚れもその分少なくなります。

外壁の汚れの一番の原因は窓の両脇から垂れることによって出来るシミだからです。

それと同時に、窓が少なくなれば窓拭きや網戸掃除などの手間も減ることになりますしね。

 

さらに、窓が少なくなればその分収納も増えます。

単純に壁の量が増えることで壁面を使いやすくなるからです。

しかも、壁面が使いやすくなれば家具の配置もしやすくなるし、模様替えなどもしやすくなるので部屋の使い方の自由度もアップしますしね。

このように家の中の明るさが充分確保出来、かつ、風を通したい時、心おきなく通せるのであれば、窓の数をわざわざ増やす必要はない、ということなんですよね。

そもそも窓のコストも高いですからね・・・

 

比例しない窓の数と開放感

 

外から見た時たくさん窓があるお家は一見家の中がものすごく明るいとイメージされることでしょう。

しかし、その窓の多くには視線を遮るためのカーテンがつけられ朝から照明なしでは過ごすことが出来ません。

そして、カーテンによって外の景色も見えなくなるため、開放感もそう感じることが出来ません。

 

他方、外から見た時窓がほとんどないお家は、一見家の中がものすごく暗いとイメージしてしまうと思います。

しかし、そのお家の窓にはカーテンが一切必要ないとしたら? そして、その窓からたくさんの光が室内に入ってきているとしたら? さらに外や空がいつも感じられるとしたら?

光に満ちた明るい空間であり、かつ、開放感に溢れた豊かで贅沢な空間が出来上がります。

 

ということで、コストを合理的にカットするためには、窓のつくり方もよく考えなければいけないということを覚えておいていただければと思います。

それが、結果的に余分なコストを掛けることなく、自然にスペックも高める要素となりますから!

 

それでは今回はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

PAGE TOP