大地震に備える‼

この度の台風19号により犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の皆さまに心よりお悔やみ申し上げます。
また、被災された方々に謹んでお見舞い申し上げますとともに、一刻も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。


こんにちは、中谷です。
フィリピンの東で発生した台風20号🌀大きく進路が変わり、勢力は弱いものの日本列島に接近する予報となりました。大気の状態が非常に不安定となる為、今後の進路に十分注意しましょう。

さて、今回は岩井より、いつ起きてもおかしくない大地震に備えて、補助金制度を利用した工事のご紹介をさせていただきます。それでは岩井にバトンタッチ✋


🐷こんにちは。営業の岩井です。
今年度の四條畷市の補助金制度を利用したブロックの撤去・改修工事と、耐震診断・改修工事のご報告です。

ブロック撤去工事は、家の前が通学路ということで生徒さんの通行が多く、日頃から気にされていたお客様が市役所にご相談をされて、当社が撤去工事を行うことになりました。補助金額の上限15万円を申請し、交付されました。

組積造のブロック撤去後は、新たにブロックを三段積んで、軽いフェンスを設置しました。

安全ですっきりとした塀となり、お客様も喜んでおられました。

 

耐震診断は、ご依頼のあったお客様のお家を耐震診断士が各部屋の壁、筋交などのチェックを行い、白蟻駆除のプロの職人さんが床下に潜り、基礎なども含めて状況を確認しました。診断結果を踏まえて、現在耐震補強工事のご提案中です。

改修方法は、壁を補強したり、屋根を軽くしたりなど、耐震性能をどの程度上げるかなどで変わってきます。
お客様は、補強工事をどこまでするか、家の片付けなど手間などを考えると色々と悩みが尽きないそうで、じっくり打合せをしながら進めております。今は耐震補強工事の補助金申請に取り掛かっているところです。

そして今週より、補助金制度を利用した耐震補強工事を行っている現場もございます。
こちらの建物は屋根も壁も改修することになりました。

診断結果をもとに補強する壁をコンピュータが計算し、その壁にエイム(株)の「MDFかべつよし」の専用金物と耐震ボードを取り付け、地震に強い耐震壁に仕上げます。

<「MDFかべつよし」の施工例>

現在は専用金物を取り付けた段階です。
補助金の対象ですので、来週、耐震補強の下地を市役所の検査員がチェックに来られます。
その後、耐震ボードを施工予定です。

このように当社では、ブロック塀等の撤去に係る補助制度や、木造住宅の耐震診断・改修の補助制度を利用した工事をさせていただいています。
今のお住まいに不安のある方はお気軽にお問合せください。

関連記事

PAGE TOP