ナカタのツーバイフォー

この度、当社では新しく2×4工法を取り入れました!

ツーバイフォー工法は、正式には「枠組壁工法」と言われ、枠組材と面材が一体となった版(ダイヤフラム)、つまり壁で支える構造です。ルーツは19世紀の北米で、2インチ×4インチの木材が多く使われていたため、2×4(ツーバイフォー)と呼ばれるようになりました。
ツーバイフォー工法の大きな特徴は、耐震性・耐風性・耐火性といった、総合的に安全で強い建物を建てられるということす。また、柱や壁がない広い空間をつくることができるので、ライフスタイルの変化により、後の間取り変更にも柔軟に対応できます。
当社では家づくりに対するお客様の様々なニーズに、少しでも多くお応えできるよう努めて参りますので、 どうぞ、お気軽にご相談ください。

耐震性

床・壁・屋根が一体となったツーバイフォー住宅は、地震の揺れを建物全体で受け止めて力を分散・吸収します。荷重が一部分に集中しない為、地震に対して優れた強度を発揮します。また「パネル」も優れた耐震性の源になっています。

耐火性

ツーバイフォー住宅は、2重3重の防火機能を持つ「ファイヤーストップ構造」によって優れた耐火性を実現した住宅です。 火の通り道となる床や壁の枠組み材などがファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断する為、初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えられます。

耐風性

ツーバイフォー住宅は、強風に負けない優れた耐風性を備えた耐風構造。
台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれた工法であるだけに、強風に備える様々なアイデアが採用されています。 ハリケーンタイという金具で、屋根垂木を壁へがっちりと緊結し、屋根の吹き上でを防ぎます。

遮音性

面構造で密閉性の高いツーバイフォー住宅は音の出入りも抑える優れた遮音性を備えています。さらに上下階の遮音対策には石膏ボードを用いたり、壁の内部に充填される断熱材は吸音材としても効果的に機能し、音を吸収します。

省エネ性

ツーバイフォー住宅は、床版・壁を組み立てる面構造のため、気密性を確保しやすい工法となっています。
また、ウレタン吹付断熱材で魔法瓶のような高断熱な家になるため、外気の影響を受けにくくなります。高気密・高断熱により冷暖房効率がUPします。

耐震化対応 >>

PAGE TOP